HOME>トピックス>オメガの時計の愛用者は注目!オーバーホールが必要な理由

オメガの時計の愛用者は注目!オーバーホールが必要な理由

時計

オーバーホールの必要性とは

オメガには機械師式時計とクォーツ時計の二種類があります。バネとゼンマイで動く時計が機械式時計。電池で動く時計がクォーツ時計になります。時計を動かす動力によって種類が分けられます。それらを使って針を動かします。時計を構成する部品は動くたびに摩耗します。その摩耗を抑えるために潤滑油が使われていますが、それも日を追うごとに劣化していきます。また、劣化した潤滑油は部品の摩耗の原因になります。そのままの状態で放置しておくと重大な故障の原因になります。そのような故障を防ぐためにオーバーホールを行う必要性が発生します。一度、時計を分解し部品を洗浄し、摩耗している部品は新しい物に交換します。そして、再度組み直します。その作業をすることで時計がリフレッシュされます。

時計

オーバーホールの流れ

オメガのオーバーホールの作業を説明します。オーバーホールの依頼を受けたら。最初に時計の状態を点検します。その上で必要な修理内容を洗い出し、見積もり価格を設定します。依頼主に見積もり価格を連絡し、依頼主から了承の連絡が来た時点でオーバーホールの作業を開始します。まずは時計を分解します。部品ごとに仕分けし、それらの部品を洗浄します。部品には劣化した潤滑油や汚れやホコリが付着し時計の動きに悪影響を与えます。それ故に洗浄が必要です。次は摩耗している部品を交換します。摩耗している部品は故障の原因になります。ケースやガラスも傷があればそれを修復します。最後に分解した物を時計に組み直します。その時には再度潤滑油を注入します。これらの作業を経てオーバーホールが完成になります。